イメージ 1

す秋の夜長は定番と言えば、やっぱり読書だろう(^-^)
最近はすっかりスマホばかりでなかなか本をよまなくなった。

現在、映画で公開中の「天空の蜂」。
東野圭吾さんの原作。1998年に初版を出していますが、原発問題をこんな時代から知っていたというのが驚きです。
大長編で700ページくらいありますが、展開が面白く長編の苦痛はなかったです。
映画は不評ですが、よく映像に出来たと思います。きっと不評なのは大長編を映画の尺に納めて、細かいところまで撮影できなかったと思われます。

個人的には、原作本をお薦めです。
(^-^)