ピカのblog

2015年04月

日曜日に書道の一日研修会に参加してきました。(^-^)
GWのはじめに、展覧会の締切があるので、それに向けて特訓みたいなものです。
皆さん、20代の方も70代の方も自分の作品を完成させる為に、ちからの入った研鑽になりました。
他の教室の人立ちだけど、何度か顔を合わせるうちに、うちとけてきました。
縦173cmの大きな紙に、何枚も何枚も書いて仕上げていきます。
とても充実した研修会で、とても楽しかったです。
作品の仕上がりは、もう少し書いてかかりそうですが、だいぶ形もできあがってきました。
いつも、そうなんだけど、最後の最後には「これが今の実力なのだから、結果がどうでも全力でつくした」と実感を感じます。勿論、その度に反省もあるのだけど・・・
楽しい一日でした。

展覧会に向けて、作品を制作中
研修会も2回予定されている。
この研修会が、結構ハードで丸一日缶詰で書くのです。
身軽でないと、なかなか大変
それで、ダイエットをはじめました。
スタートが遅かったけど、やらないよりはいいでしょう。

前にダイエットした時は、アボカドダイエット。これは、効果でました。
アボカドにオニオンスライス。かつお節をかけて醤油で食べました。
もちろん、最初に食べて、炭水化物であるご飯を減らす。というシンプルなものだったのですが、アボカドのビタミンで肌がたるむこともなく、1年で13kg減と理想的でした。

今回は、キャベツダイエット。
季節も暖かくなっているので身体が冷えることも、心配しなくてよさそうです。
オニオンスライスも一緒に。(^-^)
新タマネギもでてきているので。

やはり、炭水化物を減らして、糖質も押さえています。
少しの炭水化物や糖質を取らないと、脳が栄養不足になります。
脳の糖質、麻薬効果。依存性。を言う専門家もいますが、私は必要な栄養だと思っています。

まだ、ダイエットはじめて3日ですがはやくも1kg減。あと2週間で1.5kg減らす予定です。できれば、2kg減
糖質の依存性に負けないように

GW前に、締め切りの作品を制作中で「」。今回、書いているのが中島みゆきさんの「銀の龍の背に乗って」です。
ドラマのトー診療所」のエンディングの曲です。
思うところあって、今までの仕事に取り組んできた想いを、近代詩で表現したかったです。(^-^)
ところで、実はボツになったもう一つの作品。松任谷由実さんの「埠頭を渡る風」だったのですが、これは別の想いがあって制作にあたったのですが、ちょっと作品にするには無理があっようです。
でも、この「埠頭を渡る風」は、いろいろな解釈をされていて面白いです。

「埠頭を渡る風をみたのは、いつか二人がただの友達だった日ね」
この歌詞から、友達時代に埠頭にドライブに行ったことが推測されるのですが、(今)はどんな関係なのか?
もちろん恋人同士なのだろうけど、ひょっとしたら結婚している?とおもってしまうのは私だけでしょうか?
昔、聞いた時は、友達→恋人→別れて友人。とおもっていたのですが、今は、冷めた夫婦と思ってしまいます。
もしくは、二人とも別の人と結婚している?元カノ元カレの関係で再会した?
作者のユーミンは、イメージで作成したようなので、そこまで考えていなかったようですが、とても気になります。
聴く人の解釈でよいのでしょうが、
「ゆるいカーブであなたに倒れてみたら、何も聞かずに横顔で笑って」
そして、次の小節で「何も言わずに、私の傍にいて」ですから、このあと、恋人と復活と考えてみたいです。

イメージ 1

このページのトップヘ