ピカのblog

お盆も終わり、8月もあと一週間となりました。
ここ数年、お盆になると鑑賞するDVDがあります。
「異人たちとの夏」
大林宣彦監督。原作、山田太一。脚色、市川森一。キャスト、風間杜夫。秋吉久美子。片岡鶴太郎。名取裕子。
1988年の映画です。

風間杜夫、演じる主人公(40歳)が妻子と別れ孤独に過ごしている所に、子供のころ死に別れた両親、片岡鶴太郎(34歳)、秋吉久美子(32歳)に再会します。
同時期に付き合いはじめた彼女、名取裕子も実は、この世のものではない。

当時、生気を失う主人公の特殊メイクが評判でした。
この世のものでない異人と関わりあう事で、人間らしさ、男だったり、父だったりすることを思いだしていく姿を、素晴らしい映像で表現しています。
両親の年を越えてしまって、ふれあう姿が滑稽ですが、この映画の面白さでもあると思います。異人たちと関わりあうのが、お盆というのもミソだとおもいます。

両親と別れる場面は、涙なしでは見られません。

テレビで、放送してもらえるといいのですが・・・。

イメージ 1

イメージ 1

人気作家の、東野圭吾さんの作品。
かなりの人気の作者の中で、個人的に好きな小説です。(^-^)
二つの世界観で、記憶と友情、そして恋に翻弄されていく主人公。

東野圭吾さんの人気ランキングには、入らないですが、お気に入りです。

450ページくらいの中篇小説ですが、いっきに読んでしまいます。

作家、浅田次郎さんの代表作の「ぽっぽや」
直木賞の作品です。
短編集8作から、構成されています。
タイトルの「ぽっぽや」は、高倉健さん主演の映画になりましたが、「オリオン座からの招待状」も、宮沢りえさん主演の映画になりました。夏本番のこの時期に、ぽっぽやかというと、「うらぼんえ」という小説がとても気にいっているからです。
旦那の実家の新盆に、帰省した主人公が新盆のじいさんの代わりに、自分の育てのじいさんが現れます。
浅田次郎さんらしい、優しい幽霊が出てきます。このじいさんのイキなところがとても良いです。(*^_^*)
「ラブレター」という作品もとても、素敵な作品です。

イメージ 1

このページのトップヘ